オンラインカジノ基礎知識

オンラインカジノは違法なの?逮捕されたりしないの?

オンラインカジノは違法なのか

オンラインカジノをやるということにあたって、一番気になるのは「違法かどうか」ということではないでしょうか。

いくらオンラインカジノが楽しいものであっても、違法だったら、万一逮捕なんかされちゃったら…と思うと手を出しにくいと思います。

インターネット上で海外のカジノで遊ぶことは、日本の法律だといったいどうなるのでしょうか。

ここでは、そのオンラインカジノの違法性について解説していきます。

現状のオンラインカジノの法律事情

オンラインカジノ

結論から言うと、オンラインカジノは現状では違法でもなく合法でもないです。

  1. 海外のオンラインカジノは違法ではなく合法
  2. 日本では海外のオンラインカジノでプレイすることが法律で定められていない
  3. 法律がないので裁くことはできず、合法でもないグレーゾーン

このような状態になっています。

日本のオンラインカジノが違法でも合法でもない理由

オンラインカジノが日本では合法でも違法でもない、というのは、日本にはオンラインカジノ自体を違法と明確に定めておらず、グレーゾーンとなっているからです。

海外のオンラインカジノは、海外企業が政府発行のライセンスを取得して運営しているので、合法なんですよね。

存在自体は合法のオンラインカジノですが、それを日本でプレイしたらどうなるのか、はまた変わってきます。

日本には賭博罪というものがあり、国から認められた賭博行為以外は違法性を問われてしまうんですよね。

しかし日本の賭博罪は基本的には胴元、つまり運営者を処罰するためのもので、胴元を罰せずにプレイヤーだけを処罰するということは難しい、と思われます。

まあ、運営側は堂々と運営しているのに遊んだお客さんだけ逮捕します、じゃ酷いですよね…。

そのため、今のところはプレイヤー側が裁かれることはないと考えられています。

オンラインカジノでプレイする時の注意点とは

オンラインカジノ

オンラインカジノは法律ではグレーゾーンとなっていますが、明確に違法となってしまう場合があります。

それは、ライセンスを所持していない違法なカジノでプレイするということ。

海外は合法とはいえ、政府が発行しているライセンスを取得して運営することが絶対条件になります。

そのライセンスを持っていないカジノは違法であり、そのカジノで遊ぶこと違法になってしまいますので、違法カジノでは絶対にプレイしないようにしましょう。

ライセンスはオンラインカジノのトップページの下部などに表示されているので、遊ぶ前にはチェックしておいてくださいね。

その他には、日本国内で運営されているオンラインカジノでプレイすることも違法となります。

また、「インカジ」というオンラインカジノをプレイするためのお店からオンラインカジノをプレイする場合も違法になってしまいますので、気をつけてください。

オンラインカジノで逮捕されるの?プレイヤー摘発事件から不起訴になった件

オンラインカジノ

オンラインカジノは法律では裁けないから大丈夫!と思うかもしれませんが、実はプレイして逮捕された人がいます。

2016年に、オンラインカジノをプレイした3名が逮捕されるという衝撃的な事件がありました。

オンラインカジノがついに違法になってしまうのか、と思いきや、不起訴処分で終了となったのです。

警察はなぜプレイヤーを逮捕したのか

なぜ法律で違法となっていないのに、警察はプレイヤーを逮捕したのでしょうか。

これはおそらくですが、この3名が遊んだプレイが「日本人ディーラーを起用したライブカジノゲーム」だったからと思われます。

「日本人向けサービス」で遊んだことが原因と考えられていて、日本人向けのゲームを日本人がプレイしたということが、「日本でカジノをプレイした」という判断をされたんですよね。

とはいえ、少々強引な逮捕にも思えますし、逮捕者を出すことでオンラインカジノをプレイすることを牽制するための逮捕だったのかもしれません。

担当弁護士の見解!不起訴となった理由は?

しかし、このような流れが「オンラインカジノは違法」ということにはなりませんでした。それは、なぜだったのでしょうか?

まず、逮捕された3名のうち2名は略式起訴を受け入れて、罰金を支払うことで終わっています。

裁判を起こさずに罰金を支払えば釈放される略式起訴は、オンラインカジノの違法性を問うものではありませんでした。

そして残りの1名が裁判をして争う意向を示したのですが、翌年不起訴処分を勝ち取っています。

それは、検察側が「裁判で争っても有罪にできない」と考えたからだと思われます。

この事件の担当弁護士は、このような見解を述べています。

  1. 賭博をする罪である「賭博罪」と賭博を提供する罪「賭博開帳罪」は、賭博開帳罪の方が罪が非常に重い
  2. 日本の法律は胴元を裁くためにあり、賭博した方は胴元を検挙するためのもの
  3. 胴元側のオンラインカジノが海外で合法的に運営されているので検挙できない
  4. 胴元側のオンラインカジノは処罰できないのに賭博した人であるプレイヤーだけ処罰するのは本末転倒

上述した通り、運営元が合法で運営し続けてるのにプレイヤーだけ処罰するのはどうなのかねってことなんですよね。

プレイヤーを有罪にするためには、オンラインカジノ側も有罪にする必要があるってことなんです。

でも、それができないからプレイヤーも有罪にはできないってことなんですよね。

このように、プレイヤーは不起訴処分となったため、オンラインカジノは日本では現状グレーゾーンという状態のままとなっています。

カジノ法案成立による今後のオンラインカジノの動向

国会議事堂

現在は合法でも違法でもないグレーゾーンのオンラインカジノですが、今後は法律が変わり、状況に変化がある可能性もあります。

その中で一番気になるのが、「カジノ法案」ですね。

2016年に成立したカジノ法案ですが、「IR(統合型リゾート)整備推進法案」というのが正式名称であり、「IR推進法案」とも言われます。

これはカジノを日本に誘致するための法案ではなく、IR(統合型リゾート)を誘致することが目的の法案なんですよね。

IRっていうのは、大きな複合観光施設のこと。カジノだけでなく、映画館やレストラン、ショッピングモールなどがいろいろ含まれた施設のことです。

その中にカジノが含まれているため、今まで合法ではなかったカジノがついに日本でも法律で認められるようになるのか、と注目を浴び「カジノ法案」と呼ばれるようになりました。

カジノ法案が通ればいろいろな経済効果が見込めますが、一方で治安が悪化したりギャンブル依存症の人が増えたりする心配もあり、反対している人も多いです。

カジノ法案がオンラインカジノにどう影響を与えるかまだわかりませんが、もし日本でIR誘致がされたら、改めて日本の法律が整備されることでしょう。

そうなったらオンラインカジノが合法になるかもしれませんが、違法と断定されてしまうかもしれないので、今後の動向が気になるところです。

【まとめ】オンラインカジノをプレイする時に気をつけること

オンラインカジノ

オンラインカジノは現状では合法でも違法でもない、グレーゾーンに位置しているものです。

ただ過去には逮捕者も出ていることなので、プレイする際には十分に気をつけた方が良いことだけは確かですね。

  • 運営ライセンスを取得していない違法カジノではプレイしない
  • 日本国内で運営しているオンラインカジノがあってもプレイしない
  • 日本人向けを公言しているオンラインカジノではプレイしない
  • オンラインカジノでプレイしていることを公言しない
  • オンラインカジノで儲けたことを公開しない

このようなことに注意してプレイしましょう。

オンラインカジノで裁くことができないのが現状ですが、見つかったら摘発される可能性もゼロとは言えません。

現状の法律ではグレーゾーンであるオンラインカジノですが、気をつけながらプレイするようにしてくださいね。

オンラインカジノおすすめ比較ランキング
オンラインカジノおすすめ比較ランキング【2020年版】オンラインカジノは山ほどありますが、安全に遊べるオンラインカジノはほんの少ししかありません。 オンラインカジノで遊びたいなら、カジ...