オンラインカジノ基礎知識

オンラインカジノにかかる税金はどうなるの?確定申告と計算方法

オンラインカジノにかかる税金はどうなるの?確定申告と計算方法

オンラインカジノで利益が出たら税金を支払わなくてはいけないのか、ということが気になる人は多いのではないでしょうか。

できれば払いたくないというのが本音だと思いますが、課税対象なら支払わないといけないですもんね。

ここでは、オンラインカジノの税金や確定申告の計算方法などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

オンラインカジノで稼いだお金は課税対象である「一時所得」

オンラインカジノ

オンラインカジノで稼いだ金額は、「一時所得」に分類されるので課税対象です。

しかし、オンラインカジノによる年間の利益が70万円を超えていないなら、確定申告は不要となります。

一時所得とは、「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得」と定義されています。

毎月支払われる給料などとは違い、一時的に入手したお金、という意味ですね。

一時所得に分類されるのは、主に以下の5つ。

  1. 懸賞や福引の賞金
  2. 競馬やパチンコの勝ち金
  3. 生命保険や損害保険の一時金や払戻金
  4. 法人から贈与された金品
  5. 落とし物のような報労金

オンラインカジノで当たったお金は、この①懸賞や福引の賞金や②競馬やパチンコの勝ち金に相当するので、税金が発生します。

なぜオンラインカジノだけ税金を支払わなくてはいけないの?

オンラインカジノ

しかし、競馬やパチンコは税金を支払っているという話をあまり聞きません。

日本のギャンブルでは納税の話はあまりなく、多くの人は勝っても税金を支払っていないのが現状なんですよね。

実は、競馬やパチンコに税金がかからないというわけではなく、納税義務はあります。

しかし、納税する人があまりいないのはなぜなのでしょうか?

それは、勝ち金を受け取ったという正式な記録がないからです。

競馬やパチンコは勝ち金を現金で受け取っているため、銀行の記録が残りません。

するとお金の流れを税務署が追うことができず、取り締まりができないのです。

つまり、税務署から見逃してもらっている、というのが現状ですね。

しかしオンラインカジノでは銀行振込やATMなどの公的な記録に残るため、税務署がお金の流れを追うことができます。

納税しなければ税務署に追求されてしまうので、必ず納税しなければいけないのです。

オンラインカジノの税金の計算方法

オンラインカジノ

では、いったいどのようにしてオンラインカジノの税金を計算すればいいのでしょうか?

まず、一時所得が70万円以下の場合は確定申告の必要はありません。

一時所得のルールは、以下のようになっています。

  • 一時所得は最大50万円の特別控除がある
  • 給与以外の所得が20万円以下の場合は申告が必要ない

これらのことを考えると、オンラインカジノの年間の利益が70万円以下の場合は、確定申告が必要ないのです。

もちろん、70万円以上の利益がある人は確定申告が必要となるので、忘れないようにしましょう。

課税金額の計算手順は、以下の通りです。

  • 一時所得の金額を計算
  • 一時所得の課税対象となる額を計算
  • 他にある所得と合算して所得税を計算

ここで、あるプレイヤーのカジノ収益を例に見ていきましょう。

日付 ベット額 収支
1月19日 20万 50万
3月10日 50万 100万
6月17日 30万 -30万
8月1日 20万 100万
合計 120万 220万
  • 収入金額はオンラインカジノで当たった額
  • 支出金額は利益が出た時のベット額
  • 特別控除として最大50万円まで差し引くことができる

このようになりますが、一時所得の金額を計算する時、損失額は支出金額に含まれません。勝った時のみ税金が発生します。

すると、先ほどの表は以下のように修正できます。

日付 ベット額 収支
1月19日 20万 50万
3月10日 50万 100万
6月17日 30万 -30万
8月1日 20万 100万
合計 120万⇒90万 220万⇒250万

この項目を、以下の一時所得の計算式に当てはめてみましょう。

「一時所得」=「収入金額」-「支出金額」-「特別控除額(最大50万円」
  • 「収入金額」:50万円+100万円+100万円=250万円
  • 「支出金額」:20万円+50万円+20万円⇒90万円

特別控除額で最大50万円を差し引けるので、

  • 「一時所得」:収入金額250万円-支出金額90万円-特別控除額50万円=110万円

つまり、一時所得は110万円になります。

課税対象の額の計算式は、以下の通り。

「課税対象額」=「一時所得」÷2

つまり、110万円÷2=55万円となり、55万円が納税額となります。

次に、他の所得税と合算して所得税を計算します。

もしこのプレイヤーの給与所得が400万だった場合、400万円+55万円=455万円になります。

この人の税率は「330万円超695万円以下」なので税率20%、控除額は427,500円となります。所得税の計算式は、以下の通り。

「所得税」=(所得額-控除額)×税率

つまり、所得税=(455万円-427,500円)×20%=824,500円となります。

このようにして計算することができますが、計算に自信がない人は税理士さんに相談して計算してもらった方が確実です。

オンラインカジノの確定申告のやり方

オンラインカジノ

オンラインカジノで納税するとしても、自分で納税したことがないという人もいるでしょう。

個人で納税する場合、自分自身で確定申告をする必要があります。

税金がかかる時期や申告時期は、以下の通り。

  • その年の1月1日から12月31日までに稼いだお金が税金対象
  • その翌年の2月16日から3月15日に確定申告をする

面倒だとは思いますが、この時期に確定申告をしに行きましょう。

確定申告に必要な書類は、以下の通りですね。

  • 源泉徴収票:企業から受け取るもの
  • 支払調書:オンラインカジノ側から受け取るもの
  • 経費の領収書:所得が300万以下なら必要ない

よくわからなくなったら、税務署の人に聞けば教えてくれるので質問してみましょう。

中には、オンラインカジノで稼いだお金を会社にバレたくない、という人もいますよね。

その場合は、確定申告書の2面にある「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」という欄に、「自分で納付(普通徴収)」にチェックを入れておくと良いです。

そうすれば、住民税徴収票が自宅に届きますよ。

ちなみに、一時所得が0円なら確定申告は不要です。

一時所得が20万円以下なら確定申告しなくても良いとなっています。

【まとめ】オンラインカジノは税金がかかる!確定申告を忘れずに

オンラインカジノ

他のギャンブルとは違ってオンラインカジノは納税しないと税務署からのチェックが入ってしまいます。

納税は義務なので、絶対に忘れないで計算して確定申告をしておきましょう。

不安な人は税理士さんに相談すれば教えてもらえるので、ぜひ質問してみてください。

オンラインカジノおすすめ比較ランキング
オンラインカジノおすすめ比較ランキング【2020年版】オンラインカジノは山ほどありますが、安全に遊べるオンラインカジノはほんの少ししかありません。 オンラインカジノで遊びたいなら、カジ...